みらいカフェ 報告

開催日・開催時間

平成29年12月6日(水)18:10~20:30

対象

大学・短大・専門学校生(1、2年生歓迎、学年問わず)

 

「みらいカフェ~仕事とジブンのいい関係~」が
12月6日(水)静岡文化芸術大学にて開催されました。

「みらいカフェ」は、
若者が豊かな人生、自分に合った職業選択ができるための、男女共同参画的キャリアデザイン講座です。

12月6日(水)はこの冬最大の寒波と言われていましたが、
会場内は、いろんな大学から1年生から院生まで男女あわせて25名が参加し、
熱気にあふれていました。

まず、第1部は「私の未来像づくり」として自分の価値観を見つめ直す価値観ワークショップ。

最初に「未来想像シート」を使って、「仕事・働き方」「結婚・こども」「暮らし・生活」という3軸から
自分の希望する未来を書き出し、それをグループ内で、発表しました。

未来想像シート

「え、そんな職業を希望していたの?」
「海外で暮らしたい?なんで?」

グループメンバーの発表する未来が自分とは全く違って驚いたり、
メンバーからのフィードバックで、気づかなかった自分の価値観に気付いたり。
いろんな発見があったようです。

最後は「希望する未来にするには、どうしたらよいのか」をグループでディスカッションして
第1部は終了しました。

第2部は、先輩社会人と職場や仕事のリアルについて語り合う「ネガポジダイアログ」を行いました。

4人の先輩社員が、自分の職場風景の写真をインスタ風のフレームに貼り付けたものを3枚持参し、
その写真がどんな仕事の場面なのかを説明してくれました。

「え、こんな仕事も?」もあれば、「こんなことまでやるの?」という驚きも。
写真を使うことで、話すだけでは伝わらないちょっとしたニュアンスを感じる事ができ、
とても活発な交流会となりました。

しかも、当日は、学生団体「タベボラ」さんによる
サンドイッチにフェアトレードのコーヒーと紅茶、チョコレート付き!

お腹を満足させながら、心を満たすイベントになりました。
参加後アンケートでも
・社会人の方や他大学の学生の方と話していく中で新たな発見・気づきができた
・自分の生き方を考えることの大切さがわかりました。私とはちがういろいろな人生の考え方があるのだと思いました。
・自分の親以外の大人と話す機会がなくとても貴重な経験でとても充実した時間でした。

など、「自分の人生を考えることの大切さ」「働き方や生き方など価値観はひとつではない」ことに
気づいていただけたのではと思い、講座の目的を達成できたのではないかと思っています。

ありがとうございました。

======================================

※未来カフェ第1部は、文部科学省「男女共同参画推進のためのワールド・カフェ実践手引書(改訂版)」
を参考に運営しました。
http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/kyoudou/detail/1367502.htm

※未来カフェ第2部は、「アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ」編著 舘野 泰一,‎中原 淳 (三省堂 2016年)の「ネガポジダイアログ」を参考に運営しました。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4385365628/asapon-22/ref=nosim/