おしゃべり読書カフェ第3回 報告

開催日・開催時間

2017年12月16日(土)13:30~15:00

対象

テーマ本に関心のある方

12月16日(土)13:30~15:00に『おしゃべり読書カフェ』を開催しました。

テーマ本は「LIFE SHIFT」(著者:リンダ グラットン、アンドリュー スコット)で
「100年キャリア~仕事・家庭・余暇~」というテーマで語り合いました。

「LIFE SHIFT」では、

・2007年に生まれた子どもの半分は、107歳以上生きることが予想される。
・50歳未満の日本人は、100年以上生きる時代

「100年人生」をどう生きるのかに対し、
教育→仕事→老後の3ステージ制の今から、マルチステージの人生に変化させていくことが
必要だと提唱しています。

著書では、100年をどう生きるのか、いろいろな選択肢を提示してくれながら、今の女性の働く問題、
家族との関係、世代間の交流など、働くだけではない、生き方の問題提議や提案をしてくれていました。

読書カフェでは、著者からの多くの問題提議から、参加者が本を読んで気になったこと、
考えたことを、いろいろお話しました。

・100年生きるための、お金との付き合い方
・子どもが学校卒業後すぐにエクスプローター的な生き方を選んだら認められるか
→*企業に就職せず、旅をしたり、経験を積んだりして 社会の見聞を広める
・女性の仕事の選び方の傾向
・男性が感じている負担感
・・・・。
本を読んでいた時は、著者が提唱している未来は、まだまだ先のように思えましたが、
参加者の方の話を聞いて、変化は着実に起きているように感じた1時間半でした。

次回は、2018年1月20日(土)13:30~15:00
佐藤愛子さんの「九十歳。何がめでたい」をテーマ本に
「老後のくらし」について話し合います。

そして2月17日(土)のテーマ本は酒井 順子さんの「男尊女子」
テーマは「女の中の男女差別意識」について語り合います。

ぜひ、ご参加ください。
お待ちしています。