一日目は分科会

第一分科会では同時通訳付きの基調報告とシンポジウムが開かれました。
基調報告の講師は、シャムシア・アフマッド氏。
女性差別撤廃委員会の第6次日本レポート総括所見は、考えさせられる内容でした。
相変わらず遅れている日本の現状。〓
日本の課題をしっかり見つめて、解決の道筋をつけていかなければと思いました。