~薬物の真実~『薬物にNO!生きることにYES!』

Masa☆Project事務局さまからのご案内です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第6回Masa☆Project講演会
テ-マ:~薬物の真実~『薬物にNO!生きることにYES!』
内容:モデルや芸能人といった、青少年があこがれがちな職業の人々による薬物事件が、ここ数年多く報道されています。青少年の間の薬物蔓延は、インターネットでの売買や「脱法ドラッグ」などにより、深刻な問題となっており、決して他人事ではありません。つい最近もmixiを通して、麻薬密売組織から薬物を受け取っていた16歳の少年が逮捕されました。
子供たちにきちんと「NO!」と伝えられるよう、薬物についての正しい知識を学んでみませんか?
日にち:2011年10月28日(金)
時間:19:00~20:30(開場18:30)
会場:浜松市市民協働センター 2F ギャラリー
(JR浜松駅から徒歩8分、又は遠州鉄道「遠州病院駅」下車徒歩2分)
参加費:500円(資料代)
講師:とよだまゆみ(日本薬物対策協会)
後援:浜松市、浜松市市民協働センター
お問合せ:Masa☆Project事務局:080-5296-2403
E-mail:masapro_20@yahoo.co.jp
※ご参加される方は上記のお問い合わせ先へ事前予約をお願い致します。
(当時参加も可)
日本薬物対策協会:TEL&FAX:03‐5394‐0284
           Eメール:info@drugfreeworld.jp
             WEB:www.drugfreeworld.jp
【主催者メッセージ】
この講演会情報は10月2日の静岡新聞に掲載されました。
ここ日本だとドラッグの知識について知る必要性をあまり感じないと思う方もいると思いますが、実はここ浜松市でもドラッグによる若者の被害が多発しています。近年、インターネットやwebサイトの普及により少年少女が簡単に情報(良い悪い含め)を手に入れてしまい、全体的に若者のモラルが低下しているように思います。しかもそのwebサイトを通じ、薬物に手を染める始末です。やはり同じ10代として、この現状を見て見ぬふりはしたくはないです。
現状は、子供たちは薬物の知識がなく、身近には薬物に容易に繋がる入り口があり、世間にはドラッグの危険から子供たちを守る大人は非常に少ないです。
今後、ドラッグ被害に陥り、一生を台無しにしてしまうような子供たちを出さないためにも、多くの人にこの講演会に来ていただきたく思います。
みんなで地球のモラルを引き上げましょう!!
Masa☆Projectとは