毎月開催中♪ 「男のチャレンジ塾」 ~定年後の生き方、再考~①~③ 報告

「男のチャレンジ塾」
~定年後の生き方、再考~①~③ 報告
元気でアクティブな生活を送るきっかけを探している55歳以上の男性を対象とした連続講座「男のチャレンジ塾」が6月から開講し、早くも3回が終了しました!
1回目は6月19日(金)、和田紀子さん(特定非営利活動法人 浜松男女共同参画推進協会副理事長)を講師に、コミュニケーション講座を行ないました。参加者は16名。
始めは硬い表情の受講生たちも、講座が進むにつれて打ち解けていきました。
初めて会う人の良いところを見つけて伝えることに戸惑いながらも、褒めたり褒められたりはやはり嬉しそう♪仕事以外の場所で仕事以外の話をするのが新鮮で楽しそうで、後半はとてもリラックスした感じでした♪
仕事以外のつながりを広げる良いキッカケになりそうですね(^^)



2回目の7月17日(金)は「料理」がテーマ!
浜松市福祉交流センターにて、講師の久次米啓子さん(笑みある食卓)と参加者15名で、「豚と野菜のレンジ蒸し」「ピリ辛ねばねば和え」「わかめと麩のお吸い物」の3品を2時間かけて作りました。
エプロンや調理器具、野菜にも“初めまして”な方が多々いるなかで、やや緊張した雰囲気で始まりましたが、料理作業が進むにつれて、料理や出汁のいい匂いがしてきたら、和やかになりました。
ブレーカーが落ちて、数台の電子レンジが調理途中で止まってしまったハプニングがありましたが、電源を分けたり、延長コードを使ったりの参加者全員の素早い対応で、大事にならずに済みました。
猛暑日が続くなか、洗ってチン、刻んで混ぜる、の料理は、簡単で汗もかかず、美味しくて栄養バランスがいい食事になりました。


3回目の8月21日(金)は「健康」がテーマ!
浜松リンパケア&スクール「ルアーナ」の橋本友紀子さん、皿良陽子さんを講師に、参加者15名で自分の体のセルフケア方法を学びました。座学と違って、床にバスタオル引いて受ける講座に、皆さん、またまた緊張しまくり…
でも、腰痛や肩凝りに効くと言われると興味津々。普段しない動きもがんばって行っていました。とは言っても難しい体操とかではありません。普段から「~しながら」でできる動きがほとんど!毎日少しずつでも行えば、体調が良くなること間違いなし♪
家でもできるので、奥様や家族と実践するといいですね(#^^#)


来年の1月まで様々なテーマで講座は続いていきます。きっと一回ごとに新しい発見があることと思います。
          
明日の4回目は「ボランティア」をテーマに長田治義さん(浜松市市民協働センター長)から中山間地でのボランティア活動~市民協働についてお話ししていただきます(^O^)/