「はままつグローバルフェア」にて「バヌアツの地に生きる女性たち」

2月16日、浜松国際交流協会(HICE)主催の「はままつグローバルフェア」に
パネル展示等で参加しました。
あいホール男女共同参画推進事業部の活動紹介と、バヌアツ共和国のジェンダー
に関する情報を、市民に向けて発信しました。







【右が大谷夫妻】 
バヌアツ便りジェンダー号 「バヌアツの地に生きる女性たち」
バヌアツ共和国は、南太平洋にあるメラネシア人たちの暮らす国です。1980年にイギリスとフランスの共同統治から独立して誕生しました。
展示した情報は、JICAの派遣で現地に駐在する浜松出身の大谷夫妻に依頼してジェンダー事情を取材していただいたものです。バヌアツにはまだまだ男尊女卑が垣間見られるということです。
当事業部では、「国際女性デー(3月8日)」記念行事の位置づけで、毎年この時期に国際的な情報の発信事業を行っています。
多文化共生都市浜松には多くの外国人が居住・活躍しています。
浜松で暮らす外国人女性たちの抱える課題の解決に向けた取組も求められます。
当事業部でも、交流や支援に今後も努めたいと思います。