若者が地域づくりに関わるには?

今回は静岡県建設技術管理センターさんより、お知らせです。
ひろがれ!つながれ、地域の仲間 地域づくり発表会in西部
静岡県では、県民の皆さんと協働で「魅力ある地域(まち)づくり」を進めています。
こうした取組を県内各地に広げるため、協働の事例紹介や、トークライブ・ポスターセッションなどを通じ、地域で活動する方々がつながる場「協働の底力。地域づくり発表会」を開催します。元気な活動団体の取組をご覧いただき、地域づくりの輪を広げていきましょう!
日時:平成25年1月27日(日)
11:30~17:00
場所:浜松市市民協働センター

<スケジュール>
11:30 開会  活動報告
12:00 ランチミーティング
13:00 ポスターセッション
<休憩30分>
14:30 トークライブ
16:00 フリートーク
17:00 閉会
【ランチミーティング】
知久屋さんの“地産地消特製弁当”と“こだわりのお茶”で、食事をしながらの交流と知久屋さんの取組を紹介します。
*「知久屋」・・・県西部を中心に農産物の契約栽培により減農薬、無農薬、有機栽培の農産物を材料として使用するこだわりを進めています。この試みを進めるため、自社で責任を持って栽培する農業を行い、知久屋の使用する野菜の全てを有機野菜にしたいと考え、農業事業に参入した企業です。
【ポスターセッション】
◇みやこだ自然学校     ◇はまなこ環境ネットワーク   ◇西部パレット
◇友引カフェ          ◇浜松市市民協働センター   ◇NPO法人浜名湖クラブ
◇知久屋             ◇㈱スクロール          ◇ラビリンスゆうとう        
◇NPO法人とうもんの会  ◇TENKOMORI          ◇ひまわり2525プロジェクト  
◇遠州引佐点検報告    ◇久留女木棚田+不二総合コンサルタント
【トークライブ「若者が地域づくりに関わるには?」】
◆コーディネーター: 加藤 正裕氏 みやこだ自然学校 代表
◆パネリスト
◎小林 成彦氏
平成23年度引佐緑のふるさと協力隊(東京農大)
「緑のふるさと協力隊」とは、自分の将来への可能性を見つけようとする若者たちが農山村を舞台に、1年間地域に密着したさまざまな活動に取り組むプログラムです。
◎前田 剛志氏
TENKOMORI 代表
天竜の山主、きこり、製材業、工務店、大工、県職員といった“木”に関係する職業の20~40代約20名が、間伐・伐採の正しい知識を広めたいと考え、活動しています。
◎塩崎 明子氏
ひまわり2525プロジェクト 代表
“ ひまわりの花を通じて街を元気にしよう ”という想いで、若者を中心に、幅広い世代が参加し、まちづくりと環境に取り組む活動をしています。
◎名倉 光子氏
NPO法人とうもんの会 理事長
掛川市の「南遠州とうもんの里総合案内所」を拠点とし、農業や農村の魅力を伝えるため、農業体験や食加工体験、自然観察、歴史講座などを行なっています。
主催:静岡県・協働の底力組(協働実行委員会)
お申込み用紙のダウンロードは下記リンクよりダウンロード下さい。
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-030i/kyoudou.html
【お問合せ】
NPO法人地域づくりサポートネット / 浜松市中区常盤町133-13
TEL:053-455-0220 FAX:053-455-0328 Mail:info@shizuoka-t.net
または、静岡県建設技術監理センター(054-268-5004)まで