北京JACのご紹介

北京JACとは?
※以下はhttp://pekinjac.or.tv/より転記

発足の経緯

95年、北京で開催された国連第4回世界女性会議において日本政府とNGOの話し合いの場がもたれました。
これに参加したNGO関係者を中心に、この会議で採択された「北京政治宣言」と「行動綱領」の実施をめざして、 同年11月、政府・自治体・議員・政党などにロビイングと政策提言を行うため発足した 全国ネットワークのNGOです。
北京JACは東京に事務局をおき、世話人会により運営されています。北海道から沖縄まで14の地域コーカスや、またテーマ毎のコーカスがあります。

発足当時の目標


女性省の設置
男女平等法の制定
女性に対する暴力防止法の制定でした。
これらは、テーマコーカスを中心に進められ、当初の目標通りではありませんでしたが、 以下のようなかたちで実現しました:
ナショナルマシナリーとしての男女共同参画局設置 [2001年1月]
男女共同参画社会基本法制定 [1999年6月]
DV防止法制定(配偶者からの暴力防止と被害者保護に関する法律)[2001年4月]
現在は、北京行動綱領の12の重要分野にとどまらず、 さらにその後生じた新しい課題の解決に向けて活動しています。
次回の会議が静岡市で開催されることとなり浜松男女共同参画推進協会も協力させていただくこととなりました。
本日は理事長の井出が静岡に出向き調整しております。
詳細が分かり次第この場で発表させていただきます。