イクメン企業アワード2013

厚生労働省雇用均等・児童家庭局「イクメンプロジェクト」さまからお知らせです。



【目的】
働きながら安心して子どもを産み育てることができる労働環境の整備を推進するため、男性の育児参加を積極的に促進しつつ、業務改善を図る企業を表彰します。
表彰企業の取組内容はホームページ等で掲載し、他企業のロールモデルとして普及させていくことにより、企業における働き方を改革し、育児と仕事の両立を推進します。
男性の育児参加の促進は、育児に参画したいという男性の希望の実現のみならず、配偶者である女性の継 続就業や出産意欲への影響という点で重要です。また、企業にとっても、男性労働者の育児休業の取得や育 児短時間勤務の利用を契機に、職場内での業務の改善や働き方の見直しが行われ、労働者のワーク・ライフ・ バランスの実現による心身の健康の確保や労働時間の短縮によるコスト削減の実現が期待されます。
【応募対象】
次世代法に基づく労働局長の認定(くるみん)を取っている企業。
認定をとっていない企業においては、育児のために休暇を取得した男性従業員が1人以上いること、一般事業主行動計画を策定していること及び育児・介護休業法などの関係法令に違反する重大な事実がないこと
【応募期間】
平成25年7月16日(火)~平成25年9月6日(金)
イクメンプロジェクトは、
1人でも多くの男性従業員が育児と仕事を両立するための
「企業のキラリと光る取組」を応援します。

応募方法・評価のポイント・表彰企業の公表、スケジュール等はイクメンプロジェクトHP