「2011年度日本女性学習財団賞レポート募集」

日本女性学習財団主催の
「2011年度日本女性学習財団賞レポート募集」のご案内です。
 概要は、次のとおり
1 応募締切 平成23年9月30日(当日消印有効)
2 趣旨
  男女共同参画社会実現のために、社会・地域・家庭の中でさまざまな困難や課題を乗
  り越えてきた過程をふり返った実践・研究レポートを募集。
  レポートの内容は、社会教育・生涯学習活動、女性運動、NPOおよびNGO活動、地域
  活動、家庭生活、職業生活、震災経験や復興に向けた営みなど、はば広い領域を対象
  とします。
3 賞及び副賞 日本女性学習財団賞(※該当作のない場合もあり。)
  大 賞 1篇  副賞 20万円
  奨励賞 2篇  副賞各10万円
4 応募資格
  趣旨に関心をもつ個人及びグループ(性別・国籍を問いません)
5 応募規定
(1)未発表のものであること。
(2)使用言語は日本語であること。
(3)本文字数 年表、図表、見出し、小見出しを含めて12,000~20,000字
    パソコン(ワープロ):A4判用紙・横書 1ページ40字×30行 10~17枚
    手書き:400字詰原稿用紙 30~50枚 黒ボールペン等を用い、楷書で記入。
(4)本文と別に目次をつけること
(5)所定の応募用紙(400~800字の要旨を含む)に必要事項を記入し、同封する。
   ※応募用紙は次のURLから入手可能 
    レポート募集にあたり寄せられた質問を基にした、Q&Aも見れます!
    http://wwwsoc.nii.ac.jp/jawe2/nii_awards/ 
6 選考基準
(1)男女共同参画社会の実現に向けた実践や研究を自らの視点でまとめたものであること。
(2)男女平等に向けての視点やジェンダー問題の視点に立っていること。
(3)人権を守り育てる視点に立っていること。
(4)創造性、独自性があること。
(5)論理性、説得力があること。
(6)正確なデータに基づき、実証的であること。
(7)社会・歴史の中での位置づけ、あるいは国際的な課題との関係が総合的に考察されていること。
7 選考結果通知
  平成23年12月末、応募者全員に郵送します。また、応募規定を満たし選考対象となった
  レポートには、選考委員の講評(400字程度)をつけます。
8 表彰式・報告会
  平成24年2月(予定)
9 提出方法及びおよび提出先
  郵送のみ(※ファックス、Eメールでの応募は受付けません。)
  〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館
  公益財団法人日本女性学習財団 日本女性学習財団賞係