JR浜松駅でDV防止の街頭キャンペーン

毎年11月12日から25日までの2週間は、
DV防止週間「女性に対する暴力をなくす運動」です。
浜松市では18日、JR浜松駅コンコースでドメスティック・バイオレンス(DV)防止の街頭キャンペーンを行いました。



ユニバーサル社会・男女共同参画推進課とNPO法人浜松男女共同参画推進協会の会員13名、はままつ福市長「出世大名家康くん」も一緒にDVの無い社会を呼び掛けました。


DVって何?
 ドメスティック・バイオレンスの略です。ドメスティック・バイオレンスとは、配偶者・パートナー(事実婚や元配偶者も含む)など、男女間の親密な関係にある人からの暴力のことです。また、交際相手からの暴力のことをデートDVと呼んでいます。
 DV・デートDVは、犯罪となる行為をも含む、人の心と体を傷つける重大な人権侵害です。いかなる場合でも許されるものではありません。
夫婦ゲンカとDVとはどう違うの?
 意見が合わずにケンカになることは、どこの家庭でもよくあることです。
 ケンカは、基本的にお互い対等な関係で起こる場合をいいますが、DVはそのような対等な関係とは異なります。相手を怖がらせたりバカにしたりすることで、相手を思い通りに動かす一方的な「力と支配」の関係が、DVには存在するのです。「夫婦げんか」と「DV」は、パートナー同士の関係が対等か否かが大きく異なる点です。
浜松市DV相談支援センター
内閣府男女共同参画局
平成26年度「女性に対する暴力をなくす運動」について