被災地からの報告と想いの共有(緊急企画報告)


鈴木三雄さんによる建物調査報告
昨日4月14日19:00~当センターにて東日本大震災現地からの緊急報告会を開催しました。
NPOとしてどのように支援できるのか?の打ち合わせのため現地スタッフを訪ねた3日間の報告と、建物被害の画像を中心とした報告でした。急な企画にも関わらず参加者は15名。
報告者はNPO法人日本ファシリテーション協会副会長で東日本大震災復興支援室メンバーの鈴木まり子さんと災害ボランティアコーディネーターでNPO法人ユニバーサルシステムデザイン会員(有)タイキ工務店代表取締役(建築士会会員)の鈴木三雄さんご夫妻。 
HP:http://www.be-nature.jp
タイキ工務店HP:http://taikibansei.co.jp/
まり子さんの訪問先は
 ・宮城県災害ボランティアセンター(宮城県仙台市)
 ・いちのせき市民活動センター(岩手県一関市)
 ・みやぎNPOプラザ(宮城県仙台市)
 ・宮城県仙台市・名取市の津波被害地域
 ・いわき市勿来地区災害ボランティアセンター(福島県いわき市)
 ・茨城県北茨城市の津波被害地域
三雄さんはいわき市勿来(なこそ)地区を中心として津波被害の調査をされました。
まずは津波による建物被害の画像を見せていただきましたがあまりの惨状に言葉もありません。一見被害のなさそうな建物も内部に津波が侵入しひどい状態・・・・
跡形もなく流されている家や屋根だけが残っている家もあり復旧・復興には相当な時間を要することと感じました。
続いてまり子さんによる報告。
さすがはファシリテーター!参加者のペアを作り自己紹介をしていただくなど、場の空気作りから始めてくださりその後ボランティアセンターの現状や問題点などを画像を交えて報告してくださいました。
その後は小グループを作り感想などを語り合うディスカッション。
最後には全体で想いを共有する時間や交流タイムも作っていただいて、被災地やボランティア活動に興味のある皆さんの繋がりもできました。
閉会後は鈴木ご夫妻と私と事務局のA氏を交えて居酒屋で一杯!
夜中0時過ぎまで楽しい時間を過ごさせていただきました。
本当に急な企画でしたが報告してくださった鈴木まり子さん・三雄さんご夫妻、そして参加者の皆さまありがとうございました。