【きたっこ】さんの活動のご案内④

北区女性団体連絡協議会【きたっこ】さんの活動のご案内
----------------------------------------




あいゆうねっと協働事業 第3回 まちカフェ報告
日 時:平成24年8月7日(火)
会 場:みをつくし文化センター
参加者:23名
気軽に楽しもう! 夏キモノ「ゆかた」
目的:ゆかたの着付け 2種類の帯の結び方を練習して“ちょっと和服気分”を体験する
講師:内山洋子さん
開催効果:若い人向き、シニア向きの2種類の帯結びを練習して、一人で着られるし、家族にも着付けられるようになった。
「『ゆかた』を着るのは何年ぶり」「久しぶりにタンスを開けて『ゆかた』を出した」「キモノを着るのは慶弔の時だけ」と言う参加者が多い中で開催した第3回のまちカフェでした。
 今日のカフェ参加者は女性のみ、ゆかたの着付けは一人でできる人が大半、興味は帯結びでした。ゆかた定番の帯結びに一工夫、シニアむけの「奴結び」と若い人向きの「蝶々結び」を練習しました。


ゆかたの着付けは一人でも大丈夫、帯結びはやや不安?講師の内山さんの指導を受けて
ゆかたの愛用や着られる人の増加で、地場産業の振興に繋がります。花火会場や夏祭りの雰囲気が醸成できる「夏=ゆかた」の愛好者を増やし地場産業振興に寄与できたら良いと思います。次年度は「ゆかた着用カフェ」を展開して、参加者増を計ろうと考えています。
講師を務めた内山洋子さんは永年茶道を勉強していて、着物は大好きで着る機会も多く、着物の着付けは一人で着付けられます。今日は「ゆかたの帯結び」を練習して、「ゆかたを楽しんで着物の良さを再確認してください」と講師を務めて下さいました。浜松はゆかた染色業者の多い都市、 愛好者増になるといいですね。


奴結びの出来上がり 若い人向きの蝶々結び  
きたっこさんの発行する『北区まちネット通信 2012・秋号』
①地域課題解決にコミュニティビジネス
②避難所生活体験者と学ぶ防災
③あなたはDVについて、どれだけ知っていますか?
④~お知らせ~